一晩遅れの「うなぎ」

けさ、スーパー玉出で買って食べた「うなぎ」 けさ、タイムサービスのすしを狙って、スーパー玉出へ行った。 半額になっていたのは、うなぎを使ったすしだけだった。 「土用の丑の日」のきのう作って売れ残った商品であることは明らかだった。 縁起物もタイ…

江戸時代の風習に従って

きょうの中村食堂。天気がよかったので、赤ちょうちんが目立たない きょうは「土用の丑の日」であり、二十四節気のひとつ「大暑」でもある。 一年で暑さが最も厳しいころということなのだが、きょうの暑さはそれほどでもなかった。 それでも節目の日なんだか…

うろたえるクマゼミ

木の葉から幹に移ろうとするクマゼミ 7月も下旬となり、夏真っ盛りだ。 といいたいところだが、太陽がぎらぎらと照りつけ、うだるような暑さに見舞われる日がほとんどない。 「梅雨は本当に明けたのか」と思いながら空を見上げることが多い。 それでも、真夏…

中途半端ながら見応えあり

高速道路の高架に沈もうとする夕日 きょうの仕事帰り、西成に着いてから西の空を見上げると、雲は多めながら低い位置から夕日が顔を出し、街を照らしていた。 「とりあえず早めに帰ってベランダに出るか」と、スーパー玉出で買い物をそそくさと済ませて家路…

両巨頭が平和の名のもとに

東大阪市役所北の公園にいた「主」と「又三郎」 きのうの仕事帰りに東大阪市役所の北にある公園へ行った。 公園の端に設置されている「平和祈念」の石碑の脇に、「主(ぬし)」と「又三郎」がいた。 2匹はこの公園では親分格で、一緒にいることがめったにな…

サイゼリヤでガッツリ飲み食い

きょう行った地下鉄の長田駅に近いサイゼリア きょうは朝からずっときつい仕事をした。 体を動かし続けて、仕事が終わるころにはくたくたになった。 といっても肉体的なもので、気持ちはすっきりしていて、帰りの道を歩きながら「よし、きょうはガッツリ飲ん…

生きていたのか…サルビア

勤務先のプランターに咲いたサルビアの花 きのうの朝、勤務先のマンションの敷地を掃除していたら、鮮やかな赤い花が目に入った。 プランターに咲いたサルビアの花だ。 プランターの花は四季に応じて植え替えている。 しかし、春に植えたパンジーはとっくに…

猫塚で眠るのはまだ早いぜ

松乃木大明神の猫塚で眠るやんちゃん おとといの昼すぎ、スーパー玉出へ買い物に行くついでに松乃木大明神に寄った。 神社に通じる路地の日陰で、数匹の猫が思い思いにくつろいでいた。 しかし、神社の境内に猫の姿はなく、「なんだよ。肝心な場所では音沙汰…

京都、滋賀で大雨と聞いて

きょうの夕方の淀川。阪急千里線の鉄橋を電車が渡っている きょうの昼休みに、NHKのニュースを見た。 西日本の各地で大雨と聞いて、その状況が気になった。 ニュースでは京都の大雨の映像が流れていて、ネットで調べたら滋賀にも大雨を降らせる雲が流れ込ん…

トタンの味わい

家の近くにあったトタンの壁 きのうは家で作業をし、たまに買い物や食事に出るだけで、動いたのは家から半径500メートル以内だった。 「それでも何か撮らなきゃな」と思っていたが、身近な所で「へえ~」と思うものを見つけた。 昼すぎにスーパー玉出へ行こ…

「雲隆」で知った厳しい現実

きょう行った「雲隆」 きょうは家でやるべき作業があり、天気も思わしくなかったので出かけることはできなかった。 作業は思った以上に順調に進み、夕方には少し時間ができた。 先日、夕方は何が起きるかわからないと思ったが、さすがにきょうは何も起きない…

格子戸の前の猫

きのうの夜、新世界の路地にいた猫 きのうの夕方、天王寺公園の池から通天閣を撮ったあと、新世界のジャンジャン横町の裏にある路地を通って帰った。 前日の朝は姿が見えなかったこのあたりの主のような猫がいた。 その猫の定位置は、ある家の格子戸の前だ。…

これも期待通りか…

きょうの夕方の通天閣 きょうとあすは久しぶりの連休だ。 どちらか1日は力いっぱい動きたいところだが、いかんせん天気が思わしくない。 きょうも時折、晴れ間が見えたものの、どんよりとした曇り空が続き、動こうという気が起きなかった。 夕方近くになり、…

猫がうらやましくなった

新世界の路地裏にいた猫 きのうは、なか卯での朝めしを考え、普段より30分以上早く家を出た。 時間的にはかなり余裕があったので、新世界を通って地下鉄の恵美須町駅まで歩いた。 新世界に入り、ジャンジャン横丁の裏の路地に足を踏み入れると、数匹の猫の姿…

なか卯で「目玉焼き丼」

けさ、なか卯で食べた「目玉焼き丼」 きのうの夕方、中村食堂からスーパー玉出へ向かう道で夕焼けを見て、急いで家に帰った。 それから改めて買い物に出ようという気にはなれず、きょうの朝めしがなくなってしまった。 こんなときに頼りになるのが、地下鉄の…

こんな状況で染まるか

きのうベランダから見た西の空 きのう、中村食堂を出たのは午後7時10分ごろだった。 スーパー玉出で買い物をしようと西に向かって歩き、ふと目を上げると空が赤く染まっていた。 きのうはずっと曇り空で、夕焼けが見られるとは思ってもいなかった。 「こんな…

中村食堂でひとときの涼

きょう、中村食堂で食べた「そうめん」 ここ数日、梅雨が戻ってきたような曇りや雨の日が続いている。 湿度が高く、厳しい暑さというより、不快な暑さを感じている。 そこできょうは仕事帰りに中村食堂へ行き、夏らしい冷たい料理を食べて、ひとときの涼を楽…

コガネムシは大食いだ

緑の葉を食べるコガネムシ きのうの仕事帰りに、地下鉄の長田駅までの道を歩きながらシジミチョウを探した。 そのとき、虫に食われて無残な姿をさらしている葉を見つけた。 緑の葉は柔らかい部分から食べられ、筋を残して、骸骨のようになっていた。 よく見…

新世界の小さな草むらで

新世界の一角にいた花ちゃん きのう、通天閣の下でたこ焼きを食べ終えてから、「こあたりでもう少し猫を探すか」と歩き出した。 ものの50メートルも行かないうちに、私が「花ちゃん」と呼んでいる猫がいるのが見えた。 花ちゃんは近くのスナック「花日」で面…

通天閣の下でたこ焼きと変な酒

きのう通天閣の下で味わったたこ焼きと変な酒 きのうの仕事帰りに新世界に寄った。 真っすぐ帰ろうと思っていたのだが、地下鉄の電車の中で急に咳が出て、恵美須町の駅で降りざるを得なくなった。 咳は駅のホームですぐに止まり、「せっかくだから、いつもの…

目を見張るような雲の変化

きょうのあべのハルカス方面の朝焼け けさ早く目が覚めて外を見たら、白く薄い雲が浮かんでいた。 「これはチャンスだ」と思い、いつもの高速道路の高架下へ行った。 しかし、東の空に雲はほとんどなく、「あれだけあった雲はどこへ行ったんだ」と思いながら…

2つの祠で雨宿り

松乃木大明神の祠で雨宿りしていた猫 きのうの朝、少し時間を取って家の周りを歩いた。 明け方の雷雨は収まっていたが、時折、ぱらぱらと雨が降ってきた。 足は自然に松乃木大明神に向いた。 神社の入り口の鳥居をくぐると、松乃木大明神の祠でキジトラの猫…

サボテンの花

勤務先のマンションの玄関前で咲いたサボテンの花 「ほんの小さな出来事に愛は傷ついて…」、財津和夫の『サボテンの花~ひとつ屋根の下より~』の歌い出しだ。 この歌の途中に「君が育てたサボテンは小さな花をつくった」という歌詞がある。 その歌詞のよう…

珍客来訪

きのう、勤務先のマンションに飛来したチョウ きのうの午後、勤務先のマンションの玄関前を掃除していたとき、小さなチョウが飛んでいるのが目に入った。 そのチョウは、羽が鮮やかな青紫で、「いつも見かけるヤマトシジミにしては変だな」と思っていた。 そ…

月とあべのハルカス

おぼろげな月とあべのハルカス きょうの仕事帰りに、新世界に寄った。 天気がいまひとつで、何を撮っていいかわからず、新世界へ行って何もなければ「更科」でそばでも食うかと思っていた。 新世界へ行くと猫が気になり、南へ南へと歩くうちに西成に入った。…

だんちゃんの休日

上町断層の階段でくつろぐだんちゃん きのうの昼前、スーパー玉出へ買い物に行った帰りに、上町断層の階段に寄った。 だんちゃんが階段の上部の踊り場に寝そべっていた。 そこは日陰で風通しもよく、暑さをしのぐには格好の場所だった。 だんちゃんはそこで…

雲に阻まれながらも

きょうの夕方、西の空の雲間から顔を出した太陽 きょうは時間に余裕のある日曜日で、数日前から天気予報を見て「何をしようか」と考えていた。 けさ、改めて天気予報を見たら、午後は晴れのマークが並んでいた。 しかし、昼すぎから時々見上げた空は雲が多く…

目の当たりにした商店街の変貌

西成の「新開筋商店街」 きのう、中村食堂で軽く飲んだあと、松乃木大明神に向かった。 その途中で「新開筋商店街」というアーケード街を歩いた。 嫌というほど通った商店街だが、きのうは「これは面白い通りだな」と思った。 アーケードのすぐ下に並んでい…

中村食堂でプチぜいたく

きょうの中村食堂。時刻は夕方の6時すぎだが、雨がぽつぽつと降っていてあたりは普段より暗く、赤ちょうちんの明かりが目立っていた きょうの仕事帰りに中村食堂へ行った。 夏はまだ先が長いが、少々バテ気味で、きょうは酒を1杯に抑え、安く上げて早く帰ろ…

路地裏の朝

家の近くの路地裏で猫が大あくび きのうの朝、高速道路の高架下で朝焼けのあべのハルカスを撮ったあと、路地を歩いて帰った。 時々見かけるキジトラの猫が、トタン板の壁の前にいた。 猫は私が近づいても気にする様子はなく、大きなあくびをし、やがてうとう…