赤い通天閣四態

きょうの仕事帰りに通天閣に寄って、その周辺の4カ所で赤くライトアップされた姿を撮影した。

f:id:sanchan60:20201205214204j:plain

新世界の飲食店街から見た通天閣。最も人気の高い撮影ポイントだといっていい。きょうは人通りがそれなりに多かった

f:id:sanchan60:20201205214239j:plain

通天閣の北側の商店街から見る。人が少なく静かなので撮りやすく、迫力のある通天閣が拝める

f:id:sanchan60:20201205214302j:plain

天王寺動物園の北にある歩道橋から撮影。高いビルが写り込まないので、通天閣の高さが強調される

f:id:sanchan60:20201205214343j:plain

最後に私の部屋のベランダから撮影する。ビルの谷間に見えているのだが、夜なのでビルが暗く沈み、通天閣が堂々たる姿に見える

この赤い通天閣をめぐって、人に聞いた話が2つある。

 

1つはいつから赤くなったのか。

大阪府新型コロナウイルスの感染者が増え、大阪モデルの「赤信号」が点灯したのはおとといのことだった。

その日の夕方、通天閣に行ったら緑色だった。

「なんだ、赤信号に合わせて赤くライトアップされていると思っていたのに」と素通りした。

次の日、「大阪モデルの赤信号で、通天閣も赤色に」というニュースをネットで見た。

「さまざまな色に変わるうちの1つを見て、いい加減なニュースを流すなよ」と少々腹が立った。 

ところが、きのう中村食堂に行って常連さんと話をしたとき、「大阪府が赤信号の点灯を決めたのは夜なので、通天閣が赤にライトアップされたのもけっこう遅い時間じゃないかと思いますよ」と言われた。

調べてみると通天閣が赤になったのは午後8時で、いい加減なニュースというのは私のいい加減な思い込みだった。

 

そして、もう1つ。

きのう西成の居酒屋でかつての同僚と飲んでいたとき、その店のおばさんが、「通天閣で新型コロナの感染状況を表示するのを、地元では嫌がっているのよね。だってそうでしょう。赤くライトアップされたら、ここには来ないほうがいいよと言っているのと同じだものね」と話してくれた。

なるほど、地元、特に飲食店が嫌がるのは当然だ。

赤い通天閣をめぐって、さまざまな思惑が交錯しているんだなと思った。

 

紅葉はいまだ終わらず

きのうの朝、通勤の途中で地下鉄の森ノ宮駅で下車し、大阪城公園に寄った。

少し前に行ったとき、イチョウがきれいに落葉していたので、その後どうなっているのか気になった。

 

行ってみるとイチョウはまだ見頃だったが、落ち葉は中途半端に片付けられていて絵にならなかった。

「これだけ広い公園だ。何かあるだろう」と思い、周辺を歩いてみた。

 

そこかしこに落ち葉のじゅうたんが敷かれていた。

昇ったばかりの朝日が木の間から差して、光と影を演出しているところもあった。

「紅葉はいまだ終わらずといったところだな」と思いながらシャッターを押した。

f:id:sanchan60:20201205122337j:plain

朝の光を受けて木が長い影を作り、強いコントラストを描いていた

f:id:sanchan60:20201205122408j:plain

赤い落ち葉(桜の葉)がこもれびを受けていた

 

中村食堂でがっつり食べる

きょう仕事が終わったとき、かなり腹が減っていた。

荒本駅の周辺で食べることも考えたが、「よ~し、きょうは中村食堂でがっつり食べよう」と思い、急いで帰った。

f:id:sanchan60:20201204194145j:plain

きょうの中村食堂

f:id:sanchan60:20201204194210j:plain

きょうは酒を控えめにして、食べる方に力を入れようと思っていた。冷蔵庫を見ると、限定品と聞いている「男梅ハイボール」(税込み250円)が1本だけ残っていたので、それを取り出した

f:id:sanchan60:20201204194348j:plain

予算を考えて、注文を決めかねていると、おばさんが「とりあえず、これ出しとくわ」とたくあんをサービスしてくれた

f:id:sanchan60:20201204194420j:plain

つまみにはならないかと思いながら、「豚汁」(税込み150円)を注文した。温まりたかったからだが、やはりつまみとしては無理があった

f:id:sanchan60:20201204194452j:plain

「がっつり」というならこれと決めていたのが、「オムライス大盛り」(税込み550円)だ。肉は豚肉にしてもらった。払いは950円で、1000円以内という目標は達成できた

 

公園の猫はホームレスじゃなかった

おとといの夜、東大阪市役所の北にある公園で猫を見つけ、「ホームレスの猫かな」と思った。

その猫が気になったので、きのうの朝、再び公園へ行ってみた。

 

猫はホームレスじゃなかった。

私がホームレスの人の荷物だと思っていたのは猫の家だった。

ベンチの上に箱が置かれ、その中に毛布まで敷いてもらって、猫はぬくぬくと過ごしていた。

この猫をかわいがっている誰かが作ってやったのだろう。

猫はホームレスどころか、立派な一戸建てのあるじだった。

いや〜、おみそれしました。

f:id:sanchan60:20201203210306j:plain

自分の家でくつろぐ猫

 

桜の名所で電車を狙う

f:id:sanchan60:20201203201835j:plain

けさ桜ノ宮駅の近くで撮った電車

きのうの夜、天気予報を見たら、晴れのマークが並んでいた。

「せっかくの天気なんだから、どこかで朝の電車を狙おう」と思い、ネットでよさそうな場所を探した。

すると、JR大阪環状線桜ノ宮駅に近い鉄橋がいい感じであることがわかった。

 

桜ノ宮の川沿いといえば、大阪有数の桜の名所として知られている。

「桜の名所で電車の撮影か。面白そうじゃないか」と、けさ早く出かけた。

中心市街地の一角なので、周辺に高層ビルがあり、電車のシルエットが撮れないのではという一抹の不安はあったが…。

f:id:sanchan60:20201203201926j:plain

背後に高いビルがいくつも立っていて、不安は的中した。それでも電車の明かりが目立つ時間帯ならと狙った。これは日の出の時刻(きょうは午前6時48分)の35分ほど前だ

f:id:sanchan60:20201203202305j:plain

きょう撮れたまともな写真の最後。これでも日の出の時刻の25分ほど前だ。このあとは電車の明かりが目立たなくなってしまった

で、電車の撮影が予定より大幅に早く終了したので、せっかくだからと桜並木を撮った。

紅葉がまだ残っていて、秋(実際には冬だが)の桜も乙なものと思わせてくれた。

f:id:sanchan60:20201203202514j:plain

桜並木の紅葉

 

ホームレスの猫?

きのうの仕事帰り、東大阪市役所の北の公園を通りかかったとき、思わぬところで猫を見つけた。

ホームレスの人のものと思われる荷物がベンチに置かれ、それに紛れるようにして、猫がじっとしていた。

「おい、その荷物はおまえので、そこで暮らしているのか」と声を掛けたくなるほど、猫はそこに溶け込んでいた。

 

考えてみれば、野良猫は猫のホームレスだ。

公園の猫を見ても違和感がなかったのは、当然なのかもしれない。

f:id:sanchan60:20201203041023j:plain

ベンチに置かれた荷物に紛れるようにしていた猫。上の黒い部分は傘だ

 

中国ではあり得ないセットを大阪王将で

マンションの管理人という仕事は、思っていた以上に体を使う。

1日1万歩は確実に歩いているだろう。

当然、腹が減る。

 

きょうの仕事帰り、いつもの荒本駅前の「大阪王将」を通りかかったとき、「ようし、きょうはここでがっつり食べてやろう」と思い、店に入った。

注文したのは「王将セット」で、ラーメン、チャーハン、ギョーザがセットになっている。

中国では3つとも主食、日本でいえば、ごはん、トースト、もりそばがセットになっているようなもので、あり得ない取り合わせだ。

私が中国で日本語教師をしていたとき、「日本人はこんな食べ方をすることがあるんだよ」と言うと、生徒は「馬鹿じゃないの」と言わんばかりの反応を見せた。

 

しかし、ここは日本だ。

中国では非常識なセットで日本の中華を堪能した。

f:id:sanchan60:20201202201214j:plain

荒本駅前の「大阪王将」。きょうは客がそれなりに入っていた

f:id:sanchan60:20201202201241j:plain

出ました!「王将セット」(税込み1080円)。こんな食べ方をしたのは学生時代以来かもしれない。見た途端に「全部食べられるかな」と思ったが、意外にぺろっと平らげることができた