夜の底は黄金色

きのうの仕事帰りに寄ったJAの田んぼ

きのう、職場のマンションの屋上で夕焼けを撮ったあと、とっぷりと日が暮れた道を歩いて帰った。

いつものJAの脇に差しかかったとき、入り口を見ると、扉が開いたままになっていた、

普段は午後5時すぎに閉まるというのに。

 

JAの田んぼが黄金色に染まり、稲穂がこうべを垂れていることは知っていた。

夜の田んぼは印象的だが、通常だと田んぼには近づけず、柵の外から撮るしかない。

「撮らなくちゃいけないけど、面倒だな」と思い、一日延ばしにしていた。

それがきのうは「どうぞ撮ってください」と言われているような状況で、せっかくだからと中に入らせてもらった。

 

刈り取りを目前にした稲田は、周囲の明かりを受けて幻想的な雰囲気だった。

「夜の底は黄金色」といった光景だった。

JAの田んぼとその南にある高速道路の側道。道路を走る車のヘッドライトが光の筋になっている

周囲の明かりにわずかに照らされた稲穂