きょうは「節分」だ

きょうの中村食堂

きょうは「節分」だ。

というと、かなり違和感があるが、節分はそれぞれの季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のことで、あすが立秋なのできょうは節分ということになる。

仕事帰りに地下鉄の電車の中で、「そろそろ立秋だな」と思って調べてわかったことだ。

 

立秋の前の節分だといっても、何をしていいのかわからない。

とりあえず、立春の前の節分に豆まきをするのだからと、大豆を使った料理を食べに中村食堂へ行った。

店に大豆らしい料理はなく、こじつけただけの食べ方になってしまったが。

最初に注文したのは「湯豆腐」(税込み200円)だった。大豆を使った豆腐の料理だ。暑い夏に熱い料理を食べなくてもといったところだが、中村食堂の湯豆腐はなかなかいける

きょうは家でやる作業を小休止して、酒を飲むことにした。湯豆腐に合う日本的な酒として「焼酎水割り」(税込み250円)を頼んだ

このところの暑さと家でやる作業で疲れ気味だからか、酒が進まない。すぐに締めにした。ここで納豆を食べるというのが、当初のもくろみだったが、店に納豆はなかった。仕方なく、大豆が原料となっているみぞを使った「豚汁」(税込み150円)と「ごはん(中)」(税込み150円)を組み合わせた

豚汁は七味唐辛子をたっぷり振りかけて食べた。当然ながら、ごはんとの相性はばっちりで、うまかった