胸が熱くなった1枚のマスク

きのうの昼休み、いつものスーパーでめしを食う前に、中崎町の商店街にある小さな薬局に寄った。

目的は「マスク」を買うことだった。

店は中年の女性が1人でやっている。

 

「すいません。マスクはないですよね」

「ええ、そうなんです。申し訳ありません」

「薬局の人は悪くないですよ。いつ入荷するかもわからないんでしょう」

「そうなんです。問屋に問い合わせたら、マスクだけなく、ガーゼもほとんど入らないと言っていました」

 

私は通常だと、この超品薄状態のマスクを買いたいとは思わない。

しかし、きょう(14日)の午後、ちょっとした用があって、大阪市内の個人経営の病院へ行き、医師に会わなければならない。

で、関係者から「可能な限りマスクを着用してほしい」と言われ、探さざるを得なくなった。

 

そんな事情を店の女性に話した。

すると、その女性が「ちょっと待ってくださいよ」と店の奥に行って、1枚のマスクを袋に入れて持ってきた。

「私は花粉症で、これは私個人のマスクです。お客さんの事情はよくわかりましたので、よかったら使ってください」とマスクを差し出した。

驚いた。

世の中には親切な人がいるもんだと思った。

久しぶりに胸が熱くなった。

世界で猛威を振るう新型コロナウイルスが、私に貴重な体験をさせてくれた。

f:id:sanchan60:20200313214824j:plain

薬局でもらったマスク。薄いマスクだが、私にこれを渡してくれた女性の情けは厚いと思った